英会話を習って海外に行きたい!

英会話に興味がある社会人

英語・英会話のここが難しい!つまづきがちなポイント

いまや義務教育における必須科目となった英語。
しかし、子供はもちろん大人でさえ未だに苦手意識を持っている人も多いのではないでしょうか。

英語の得意不得意にかかわらず、英会話などで上手に発音できないという人は更に多いはずです。


事実、日本人は英語が非常に苦手だと言われています。
なぜ、私たちにとって英語は難しいのでしょうか。
その理由を大きく2つに分けて説明しましょう。

 

まずは、英語を発音する際にどうしても直面する問題があります。
「スペル(つづり)と発音の仕方が一致しないことが多い」ということです。
例えばiceという単語はアイスと読みますが、projectはプロジェクト、canはキャンと読みます。


このように「c」一文字を見ただけでも、サ行で読むこともあればカ行で読むこともあるなどアルファベットの読み方が安定しません。
それどころか、最初の方に習うはずのoneという単語も良く考えればoをかなり特殊な読み方をしています。


ある程度の法則性こそありますが、それでもアルファベット単体でどれも同じ読み方をすることはほぼ有り得ません。

 

次に、古典的ではありますが「lとrの区別」です。
日本人が英語が苦手だと言われる理由の最もたるものが、この区別がつかないことです。


そもそも日本語では、ラ行こそありますがそこに明確な発音の区別は付けません。
そのため英語でそうした発音の区別をつける点は馴染みが薄く戸惑いがちです。
加えて、その馴染みの薄いlとrの区別が英語を学習するうえでほぼ必須とも言える要素です。


英語を上手に話せない、苦手だというのも頷ける話でしょう。

 

こうして見ていると、英語というのは必修科目としてはかなり難しく思えます。
しかし、逆に言えばこうした難しいと思える部分を攻略してしまえば、他の科目とそう難易度は変わらなくなります。


スペルはアルファベット単体ではなく、「~ion」「~er」といった具合にセットとして覚えることが重要です。


その法則性さえ掴めば、初めて見る単語でも何となく発音がわかるようになります。
lとrの区別は、「rは巻き舌気味で発音する」と心得ておけばそれらしくなります。
無理にネイティブに発音しようとするよりも、それらしいコツを掴んでおけば英会話で特別不自由をすることはありません。

 

最後に、英語をはじめとした言語系科目というものは、基本的に「慣れ」がものをいう科目です。


英語に苦手意識を持っている人は、「難しい」という先入観を捨ててコツを掴み、そうして何度も触れていくことが大切です。
英語が苦手だという人は、英語に慣れて、英語を好きになりましょう。それが一番のコツです。