英会話を習って海外に行きたい!

英会話に興味がある社会人

英語の早口言葉を使って英会話の練習を楽しむ

英語には、日本語と同じように早口言葉というものがあります。

日本語の早口言葉よりも沢山種類があります。

 

代表的な早口言葉を覚えて何度も繰り返して発音することは、英語の滑舌を良くする練習としてとても効果があります。

 

英語では早口言葉の事をtongue twisterと言います。

代表的なものにShe sells seashells by the seashore.などがあります。

 

冠詞と前置詞を除くと全てsで始まっている言葉です。

難しい点はsheとseaの発音の違いを早口で言えるかというところです。

 

単語の頭がsでも次にくる文字の違いによって発音が違ってくるのです。

最初はsheとseaが同じ発音になってしまったりするので、ゆっくりと違いを意識しながら発音練習することです。

 

無理に早く発音しようとすると舌が絡まりますから注意が必要です。

 

そして何度も練習に練習を重ねて早く正確に発音できるようになったなら、英語のネイティブスピーカーに披露してみることです。

 

正確に早く発音出来ていれば、きっと彼らも驚くにちがいありません。

また逆に間違っていたら、指摘してくれるはずです。

 

英語の早口言葉は他にも沢山ありますので、是非覚えておいて、いつでも口をついて出てくるぐらいに練習しておくと会話の切り口にもなります。

 

そしてネイティブを驚かせることで自分の発音に自信をつけることができるのです。英語のネイティブと早口言葉で勝負してみるのもお薦めです。