英会話を習って海外に行きたい!

英会話に興味がある社会人

英会話を少しでも覚えると楽しみが増えます。

英会話を日常生活に取り込むと意外と簡単に覚えます。私の場合は字幕の映画を見るようにしました。

学生時代は英語の授業がありますが日本人の先生より外国人の先生の方がいいと思います。日本語と同じように英語にも地域によって訛りがあります。

日常生活に困らない程度に覚えると、海外旅行に行った時なんかはとても楽しくなります。これから就職活動をする方も少しの英語力で自分の行動範囲が広がったりしますので、就職先も広がります。

留学も短期からありますし実際留学した時は最初は緊張して全然ダメでしたが日本語が使えないので自然と覚えていきます。

英会話スクールは体験レッスンを受けましたが、初歩的なレベルから教えていただけるところは、年齢問わず受講できますのでその面ではとても良い印象をもちました。英会話にはメリットもデメリットも両方あります。

私が感じたメリットは、海外旅行に行った時に楽しみが倍になるのと、外国人との距離感も自然と近くなるところです。観光で来ている外国語の方に場所を説明することも躊躇なくできる安心感がもてます。デメリットは、訛りが聞き取れない時があります。でも日本にも訛りがあるので、よく聞いてあげると大体の英語は聞き取る事ができますし、文章にして書いてあげるとよりお互いに理解する事もできます。

英会話が自分には無理と諦めないのが一番です。日常会話ぐらいの英会話が出来れば、行動範囲は少しかもしれませんが変わります。一度は海外旅行に行きたいと思ってる方なら、少しの期間でも日常生活に英会話を取り込むのがいいと思います。

ヒアリングが出来ないと最初は難しいですし、日常生活に入れていきながら英会話スクールに通って行くのもいいと思います。何か一つでも出来る事が増えると、自分自身もポジティブになっていくし、自信も持てますし、私がそうですが年齢を重ねるごとに字幕が見づらくなってきますので、字幕が見えなくても安心して映画館に行くことができます。

 
英会話を遠ざけないで少しでもいいので挑戦してみてください。やる前から諦めないで、やってみてからでも遅くないと思ってます。楽しみな事を一つ作ってみるのはとてもいいことだと思います。

英会話教室に通った思い出

小さいころから英会話を習ってよかったという人のお話です。

 

英会話を習うメリットは、世界中の人々と英語が最も会話で通じやすいことだと思います。それから英会話を習うことで、外国の方との交流が生まれやすく、友人知人もできやすいと思います。

 

私は幼いころから13年間、英語ではなく、英会話教室へ通っていました。先生は、日本人でしたが、先生のご主人の大手メーカーの仕事先の関係で、米軍基地の外国人とのパイプがあり、何度も米軍基地へ英会話の生徒たちと遊びに連れて行ってもらいました。

基地はもちろんアメリカ人ばかりで、アメリカの子供たちと一緒にバーベキューをしたり、ビーチバレーをしたり、プールで遊んだりしました。とても良い思い出となっています。そのおかげか、道などで外国人の方に話しかけられても外国旅行へ行っても驚いたりすることはないです。

 

教室でも、先生の友人のアメリカ人の家族の方が遊びに来ていて、イースター祭やハロウィンパーティー、クリスマスなどのイベントを一緒に楽しみました。今でこそ、日本でも一大イベントとなりましたが、当時はクリスマス以外はほとんど日本では知られていませんでした。

 

イースターでは、先生の家でゆで卵をカラフルな色で塗ったり、大きな七面鳥をオーブンで焼いたりしました。ハロウィンでは、大人からお菓子をたくさんもらいました。クリスマスでは、プレゼントを持ち寄り、ツリーの下へ置いてから、皆で輪になってクリスマスソングを歌いながらプレゼントを隣の人に回して、歌が終わった所で手にあるプレゼントがもらえました。

 

英会話を習ってからは、発音が綺麗と言われることはありますが、私にとって英会話で体験して最も良かった事は、異文化交流が最も宝物のような思い出です。アメリカの方は家族を大切にしていてジェントルマンでフレンドリーです。楽しい思い出が多くあった週一回の英会話教室でしたが、ぺらぺらしゃべれるようにはならなかったので、一番は英語圏の現地で日常的に英会話を使用しながら生活するのが最も効率的かなと思います。

手始め英語の発音を学ぶなら完全無料の【Google翻訳】

英語を学ぶにしてもお金をかけて失敗したら嫌だしだからと言ってどこから英語を学べば良いか分からないという人にお勧めなのが【Google翻訳】です。

今現在、スマホタブレット、パソコンであれば必ず利用する機会があるGoogleの一つの機能です。使い方は簡単でGoogle翻訳と検索しても良いですし、Google翻訳アプリをダウンロードしても構いません。後は自分の気になる単語を入力してマイクボタン(音声入力による翻訳)をクリックするだけで自動で翻訳し英語で発音してくれます。

Google翻訳は常に改良、改善をしていますので、発音も非常にネイティブな印象があります。自分で伝えたい日本語を打ち込みだけで英語で発音してくれます。この機能が無料で提供されていますので使わない手はありません。

英会話教室やオンライン英会話では一つの単語の発音を何度も反復するという学習方法は中々できません。しかし、Google翻訳を使えば、どこにいても直ぐに発音の練習が自分の納得のいくまで繰り返すことが出来ます。

単語は知っていても発音が分からない、お金をかけてまで英語を学ぶ価値があるのかまだ分からない、なんとなく英語に触れてみたいという手始め英語学習にはGoogle翻訳がお勧めです。

好きな映画を観ながら英会話のリスニングを鍛えよう!

近年、東京オリンピックも間近に控える中で、英会話ができるようになりたいと思う方も多いのではないでしょうか。


外国人観光客も飛躍的に増えている中で、もはや国際化社会の常識となる英語力。
ナチュラルに会話ができるようになるには、リスニング力を鍛えることが大切です。
しかし、日本に住んでいる以上、なかなかネイティブと会話する機会もないし
わざわざ勉強の時間をとるのは面倒、という方も多いですよね。


そんな方におすすめなのが、好きな映画を教材として使うリスニング練習法です!
ポイントは、何度観ても飽きないようなお気に入り作品を選ぶこと。
そして普段の会話に近い、日常系の作品を選ぶのがおすすめです。
勉強の仕方としては、日本語字幕をつけた状態で観て、一瞬字幕を観てセリフの意味を理解したら目線を字幕から外してセリフに耳を澄ませましょう。


最初は早すぎてついて行けなくても大丈夫。
とにかく楽しんで見続けることが大切です。
段々と、ここはこんな言い回しをしているだ、とか、字幕には入りきらない情報を話しているな、と少しずつ理解できるようになっていきます。


ある程度ついて行けるようになったら、英語字幕に切り替えてみましょう。
細かな文法やつづりの勉強にもなりますし、自分で読み取ったフレーズの答え合わせにもなります。


ネイティブの発音やスピードを身につけて、ぜひリスニング力をアップしてみましょう!

英会話だけでない英語学習

英語が話せてもあまりメリットがない、という方は実際には多いことでしょう。確かに英語が話せればかっこいいですが、かといって海外旅行によく行くという訳でもなかったり、仕事などで外国人と接する機会がある訳でもなかったりすれば、英語が話せるメリットは少ないかもしれません。外国映画を見るにしても、日本語字幕が付いているので、英語を聞き取れなくても大した支障がないのです。


しかし、英語が「読める」という能力がほしいと思うことはあるはずです。何か調べたいことをインターネット検索したところ、英語の記事しか検索に該当しないということも増えてきているのです。最近は検索エンジンの精度が発達してきて、日本語の単語で検索しても、その内容に合致する日本語以外のWebサイトが結果として表示されることもあります。もちろん日本語で書かれたサイトよりも詳しい情報が載っているから検索にヒットするのですが、肝心の自分が英語を読めないのならば意味がありません。辞書を使いながら部分的には理解できるものの、全体の文章量が多いと全文を読む気力がなく、情報があっても仕入れられない悔しさを味わってしまうこともあります。


そんな時は、英語学習があると役立ったのに、と思うことでしょう。英語学習と言っても英会話だけではありません。英語の文章読解あるいは翻訳作業だって英語学習です。学習教材として作られた英文は適度に読解しやすい英語なので、それを読みなれているならば実際の英語もいくぶん読解しやすく思えてくるはずなのです。

英会話の上達に必要な勉強法とは?

「英会話がどうしても出来ない」という人は多いです。メンタルの重要性はよく耳にします。しかし、本当にメンタルが問題なのかといえば、そうとは限りません。実は、英会話が苦手な人には、ある共通点があります。それは、話すために必要な勉強や練習を驚くほどやっていないということです。

 

英会話が苦手な原因はさまざまありますが、そもそも勉強をしていないケースが考えられます。英会話ができるようになろうと、英単語を覚えたり、文法の勉強をします。ところが、会話で求められる語彙力は、乏しいままということは珍しくありません。また、文法は多少間違いがあっても、問題なく通じます。では、何が足りていないのか。実際の会話でよく使用される語彙、フレーズ、文型、表現などの勉強が不足しています。英会話が苦手な人だと、天気についてすら話せないことがあります。これは目の前に外国人がいるいない関係なく、できないということです。あるいは自己紹介はできるが、その後の会話を続けられません。外国人相手でなくともできないわけで、メンタルだけが問題とは言えないことが分かります。

 

英会話では、まずは身近なものの名前を覚えることが大切です。例えば、英語で魚のイワシ、サバ、ワサビを何というか……。それから、よく使用される文型、表現なども勉強するとよいです。このように英会話が上手くなるために必要な勉強があります。

英会話の上達に必要な勉強法とは?

「英会話がどうしても出来ない」という人は多いです。メンタルの重要性はよく耳にします。しかし、本当にメンタルが問題なのかといえば、そうとは限りません。実は、英会話が苦手な人には、ある共通点があります。それは、話すために必要な勉強や練習を驚くほどやっていないということです。

 

英会話が苦手な原因はさまざまありますが、そもそも勉強をしていないケースが考えられます。英会話ができるようになろうと、英単語を覚えたり、文法の勉強をします。ところが、会話で求められる語彙力は、乏しいままということは珍しくありません。また、文法は多少間違いがあっても、問題なく通じます。では、何が足りていないのか。実際の会話でよく使用される語彙、フレーズ、文型、表現などの勉強が不足しています。英会話が苦手な人だと、天気についてすら話せないことがあります。これは目の前に外国人がいるいない関係なく、できないということです。あるいは自己紹介はできるが、その後の会話を続けられません。外国人相手でなくともできないわけで、メンタルだけが問題とは言えないことが分かります。

 

英会話では、まずは身近なものの名前を覚えることが大切です。例えば、英語で魚のイワシ、サバ、ワサビを何というか……。それから、よく使用される文型、表現なども勉強するとよいです。このように英会話が上手くなるために必要な勉強があります。